SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
Twitter

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
サイト更新用。たまに補足や与太話なんかも。
<< 明けましておめでとうございます。 | main | 三夜・六話目 >>
雪の日
賽貴と浅葱の馴れ初めっぽいお話を書きました。
実は拍手お礼用に、と思って書き始めたのですが、どうにも短くまとめられなくて;; うう、まだまだ要修行でございます。

時系列的に言えば、『邂逅』の少しあとです。浅葱は6歳くらい。賽貴は現在とさほど変化無し。
…普通に考えると、これでは賽貴がショタ疑惑になってしまうのですが…w
本編であんまり表現出来ていないのですが、賽貴は浅葱の性別については特になにも考えていません。
それより先に、大切なもの、守りたいものが、『浅葱』であったという、それだけの理由です。
これについては、朔羅も同じです。

なんというか、主人公が愛され過ぎ設定になってしまって、こういうのが苦手な人には
どうなんだろうなぁ、と思いつつ、少しずつ色々吐き出しております。

浅葱は特別すごい子ではありません。
能力的に優れていても、14歳の浅葱は、6歳の頃より弱いです。精神的に。

そのあたりも、今後ちゃんと表現していけたらいいなぁと思ってます。
-----
| 創作のはなし | 02:26 | comments(0) | - |
コメント
コメントする