SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
Twitter

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
サイト更新用。たまに補足や与太話なんかも。
| main | ようやく >>
夢月夜
正直ね、もうこのオリジナル話をWEB上にUPすることは無いんだろうなって、
創作サイトを閉鎖したときに、思ってました。
でも未だにまるっと、その当時のサイトのデータを外付けに取っておいたあたりは未練が残ってたんだなって。

この『夢月夜』は、生まれた当初は私のほかに文字書き担当の友達がいました。
その頃の私は文字書きはしていなくて、興味はあったけど友達が書く文章が好きだったので
読み担当で満足してたんですよね^^;

その友達に設定とか流れとかセリフとか書いたメモ帳を渡して、お話を書いてもらってました。
あの当時では、話数にしては17話まで。ナンバリングとしては第二夜まで。
2002年まであたりだったでしょうか。その辺、昔過ぎてあんまり憶えてないんですが;
その後は私にも友達にも色々と事情があって(喧嘩別れとかじゃないですよw)
創作からは離れてしまい、サイトも更新できなくなって停止したり閉鎖したりしてたのですが…。

今年に入って、ツイッターを通して創作熱がじわじわと再燃してしまって、現在に至ります。
『新釈版』、として、今の夢月夜は私が2008年頃に書いた物です。
第一夜・二話まで書いて、また中断してしまったので、三話からまたじわじわと書き進められたらなーと
思ってます。

また今回も、どこかで止まってしまって、眠ってしまうかとは思うのですが。
それまで、こっそりと見守ってくださると嬉しいです。

なんか、支離滅裂な文面でごめんなさい;
-----
| 未選択 | 22:57 | comments(0) | - |
コメント
コメントする